福岡のフラメンコ教室&健康づくり教室「メ・グスタ・エル・フラメンコ(Me Gusta el Flamenco)」

「メ・グスタ・エル・フラメンコ(Me Gusta el Flamenco)」
アクセス・会社案内
お問い合せ・お申し込み
MENU
   

ブログ

ある1人のフラメンカの話②

「不安と成長」

※ご本人の承諾を得て掲載しています。

ある1人のフラメンカの話①はこちら

 

発表会でソロを踊ると決めたTさん。

レッスンの回数を増やし、ご本人の希望で個人レッスンも受けたりと、

努力されていました。

 

フラメンコが難しいとされる理由の一つは、

既製の曲や録音したものではなく、生演奏で踊るということ。

 

歌が同じでも歌い手さんの歌い方が違ったり

リズムは同じでもギターの雰囲気が違ったり。

慣れていても戸惑うことがあります。

慣れてなければなおさら。

 

実際に歌い手さんとギターさんを入れての1回目のリハーサルでは、

緊張のせいか生徒さんたちが次々に、歌の終わりが分からなくなったり

タイミングがずれたり、途中で分からなくなった様子で、

いつもの振付を飛ばしたり多く踏んだりとてんやわんや。

 

Tさんも例外ではなく・・・。

ご本人もショックの様子。

 

皆さん・・・大丈夫デスカ・・・・??

 

いやこれは、

ちゃんと指導しきれていなかった私の責任だな😢

 

いつも私の下手な歌で踊ってもらってるしなー

ギター伴奏をもっと入れておいた方が良かったかなー

 

などなど。

いまさら後悔しても遅いのですが、

あと2週間というのに不安が募ります。。。

 

そして発表会1週間前の2回目のリハーサル。

1回目と2回目では5日しか間が空いていなかったのですが、

生徒の皆さんがこの数日間、猛烈に練習を重ねられた結果、

皆さん別人のように余裕を持って踊っておられました。

Tさんも前回戸惑って間違えてしまったところが、

今回はタイミングもバッチリ!

ひと安心です。

 

もしかしたら完璧に指導するよりは、少々不安が残るくらいにしておいた方が

成長率が高いのではないか?

と自分に都合の良い解釈をしたりして^^;

 

それにしても皆さんのがんばりには脱帽です。

何かを決めてしまうとそれに向かって強いエネルギーが生まれる

ということを見せつけられた感じです。

 

決めるって大事ですね!!

勉強させられます。

 

続く。

 


新スケジュール開始!!(ここをクリック)お試し受講OK!!

フラメンコやってみませんか?体験レッスン募集中!!

薬院駅から徒歩5分!平尾駅から徒歩10分!

フラメンコ&健康づくり教室 ”メ・グスタ・エル・フラメンコ”

 
出張!運動指導
レンタルスタジオ
講師紹介 森里子 プロフィール